神奈川県|テレビ買取リサイクルショップ

【無料の企業PR広告】
■該当件数11件 | <前へ | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 次へ>
TOP > 神奈川県 > 総合リサイクルショップ りさいくるらんど

テレビ買取リサイクルショップ


5年前までは縦型のシンプルな全自動洗濯機(乾燥機能なし)を使っていました。
自宅の新築に合わせて、憧れのドラム型洗濯機を注文。
商品が届き設置してみると、店舗で見るより結構大きく感じました。
早速洗濯開始。使用する水の量の少なさに、改めて驚きましたね。
さすが斜めドラム節水効果は、縦型の上を行きます。
そんな万能なドラム型洗濯機にも、やはりデメリットはありました。
それは汚れの落ち具合、縦型の方がきれいになります。
その他で言うと、ドラムの洗浄方法はドラムが回転することで、洗濯物が上からたたきつけるように洗います。
するとタオルのような物は、繊維が潰れてしまうのです。
タオルを洗濯した場合は乾燥をしてあげれば、フワフワな感触に戻ります。
しかし、ここ数年電気代の値上げに伴い、深夜の安い電気を使って乾燥させる工夫はしていますが、
少しでも節電しないといけない現在、電気を使っての乾燥は少々気がひけます。
そこで、試しに思い切りパンパン繊維を立たせるようにし、柔軟剤も入れて干してみました。
これが、ビックリするほど、ぺっちゃんこのバリバリタオルの出来上がり。
これで顔拭いたら痛いだろうな。やはり乾燥機能に頼らざるえませんでした。
その代わり乾燥能力は、縦型の乾燥機能よりもシワが少なくきれいに仕上がります。
私がここで言いたいのは、縦型もドラム型もその人のライフスタイルによって変わるものであること。
お子さんが多く泥だらけの靴下や、ユニホームなどを頻繁に洗うお宅なら、縦型がぴったりです。
衣類の乾燥機能を多く使用するお宅なら、ドラム式がおすすめだと思います。
その年によって注目される家電はありますが、自分のライフスタイルに合っているかを考えて購入することが、
失敗の無い買い物ではないでしょうか。