埼玉県|現代にも受け継がれる伝統的な羽子板

【無料の企業PR広告】
■該当件数1件 | 1 |

現代にも受け継がれる伝統的な羽子板


近頃ではあまり見かけなくなってしまった羽子板ですが、羽根つき以外にも女の子が生まれて始めて迎える正月に、お祝いの飾りとして贈られる風習が現在でも続いています。また、厄除けとしての意味もあります。
本場岩槻の曽根人形では、煌びやかな作りが人気のデザインが勢ぞろいです。
オリジナルのサイズ展開や、細かなディティールに力を入れた、匠のこだわりが感じられる豪華な一品があります。伝統的な風習を次世代に継ぐ贈り物として、大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか。